WEB予約はこちら
インスタグラム
歯科医師・衛生士のための勉強会

予防歯科ページ|都営大江戸線「牛込神楽坂駅」A1出口徒歩3分|AOデンタルクリニック牛込神楽坂

予防歯科

Preventive Dentistry

Preventive Dentistry

予防歯科

予防歯科

予防歯科とは、虫歯になってから治療するのではなく「痛くなる前に予防する」という考え方です。そのためには、歯科医院でのプロフェッショナルケアと、自宅で行うセルフケアが大切です。セルフケアだけでは、歯垢や歯石を完全に取り除くことができません。歯科医院で、定期的にPMTCや口腔内診査などの検診を受けていただき、虫歯や歯周病にならない健康な歯を維持していきましょう。

Flow

当院の予防歯科の流れ

カウンセリング

1.カウンセリング

患者様の主訴(1番気になっていること)をきちんとお聞きしそれを中心にお話をお伺いいたします。主訴以外の事柄に関してもお時間を十分に取りカウンセリングを行います。

検査

2.検査

レントゲン検査や歯周ポケット検査、プラークコントロール状態の検査などを行い今のお口の中の状態を詳細に把握します。検査結果を様々な媒体(写真、動画、アニメーションなど)を用いて視覚的にわかりやすくご説明いたします。この際に重要なことが歯科医師歯科衛生士によるセルフケア(患者様ご自身による歯磨きの出来具合)の評価です。定期検診に来ていただくことで直後は綺麗になりますがそのお口の状態を維持してもらえるようにセルフケアの評価と改善のプロセスは最も重要な項目です。

歯科衛生士によるプロフェッショナルケア

3.歯科衛生士によるプロフェッショナルケア

超音波振動する器具を用いてスケーリング(歯石とり)を行います。歯茎の深い部位に付着している歯石は麻酔を使用しないと取ることができない場合もありますので後日追加でおかなう場合もございます。スケーリングが終了しましたらPMTC(電動ブラシを用いたクリーニング)を行います。表面の着色汚れやプラークを取り除きます。歯と歯の間の入り組んだ部位の汚れはブラシが届かないので「エアーフロー」といく特別な器具を用いてクリーニングする場合もあります。エアーフローはグリシンパウダーなどの粉末を歯の表面に吹き付けながら着色汚れを除去する方法です。
※別途費用がかかります。
希望される方は最後にフッ素を塗布し歯の表面をコーティングします。

以上が予防歯科の流れです。
おおよそ3ヶ月から6ヶ月に1回程度の受診をお願いしております。

Important

予防歯科で大切なこと

1.フッ素を口内に残す

自宅でできるセルフケア

  • ・フッ素配合歯磨き剤を使う
  • ・すすぎ過ぎない

プロフェッショナルケア

  • ・フッ素塗布…高濃度のフッ素を塗布して虫歯を予防します。
2.歯垢を残さず落とす

自宅でできるセルフケア

  • ・歯ブラシで歯の一本一本を丁寧に磨く
  • ・デンタルフロスを使って隙間の歯垢を取り除く

プロフェッショナルケア

  • ・スケーリング…スケーラーという器具で歯石を取り除きます。
  • ・PMTC…セルフケアでは落としきれていない歯垢を専用機器で落とします。
  • ・歯みがき指導…歯みがきに自信がある人でも、意外に磨けていないことが多いです。ひとりひとりのお口に合った歯みがきの仕方をお教えします。
3.細菌を増やさない

自宅でできるセルフケア

  • ・デンタルリンスなどの殺菌剤で口内の隅々まで洗浄する

プロフェッショナルケア

  • ・口腔内診査…歯や歯ぐきの状態をチェックします。口内細菌の数も調べます。
  • ・シーラント…歯垢が残りやすい歯の隙間などを、あらかじめ樹脂などでふさいで虫歯を予防します。